日本蘇生学会 第38回大会

日本蘇生学会 第38回大会が2019年11月15日(金)、16日(土)長崎市で開催されました。「“蘇生”を軸として麻酔学・救急医学・集中治療学・教育学・災害医学のスペシャリストから学生まで職種を超えて集まっていただき、学び、さらにその知識に磨きをかけ、各地域や施設、後進に伝えていくことがコンセプト(長谷敦子会長:長崎大学病院 医療教育開発センター 長崎外来医療教育室 教授)」であるこの学会の企業ブースで、医療の現場の方々にエピクスイを紹介するチャレンジを行ってきました。

http://www.congre.co.jp/sosei2019/index.html

お越しいただいた皆様からは活発にご質問をいただき、ご関心をもっていただきました。スプレー他サンプルも多数お持ち帰りいただくことができました。15日(金)にランチタイムに行われたエピクスイ開発者の講演にも多数参加いただき、今後、ますます医療の世界に、少しづつでも広げていく努力を!!と思っています。

当日弊社ブースで掲示した資料PDFは下記から。

蘇生学会 第38回大会

企業ブース資料(1)

企業ブース資料(2)

企業ブース資料(3)

企業ブース資料(4)

pH調整次亜塩素酸水:エピクスイについて

 

Follow me!

コメントを残す